DVD買取を高額してもらうための購入後の扱い方

DVD買取をなるべく高くしてもらいたいなら、購入を決めた時点で買取のことを考え、それなりの扱い方をしたり保存をしたりすることが重要です。絶対に売らないと思っていても、いつ心変わりがするか分かりません。ここでは購入後のDVDの扱い方について紹介します。

ディスクは慎重に扱おう

DVD買取を予想して購入した後のDVDは丁寧に扱うように心がけましょう。特に読み取り面に傷がつくと再生に支障がでてしまう恐れがあり、判明した場合には信じられないほどに安く見積もられてしまいます。

最低限ケースに入れて保存をするようにして決して出しっぱなしにして放置するなんてことがないようにしましょう。

ケースも同じように丁寧に扱う

例えば住居の場合でも内装がキラキラでも外装がボロボロだと住むのに抵抗がでてきませんか?それと同じでDVD買取で高値がつく商品というのは、パッケージ部分も綺麗な状態に保たれているものなのです。

食べ物や飲み物などのこぼし汚れや落下によるヘコミなどがある場合にはマイナス査定になります。長年収納している場合にはホコリが被っていることがあるので、買取前に丁寧に拭いてから査定に出すようにしましょう。

付属品も丁寧にしまっておくこと

初回限定盤であったり、限定生産盤などはレアDVDとして高値になります。理由としては、小冊子や特典DVDなどの付属品がついているため。

これらのものがついていない限定版などは価値が落ちてしまいます。最悪の場合通常版よりも値が下がるケースもあるので、付属品の保存には気を使いましょう。

買取のことを考えて扱うのが基本

DVD買取を高くするためには、購入したDVDの扱いに気をつけることが基本になります。せどりなどDVDの転売を生業にしている方以外は、最初は自分で楽しむために購入するものです。

しかしいつか買取してもらうかもしれないということを考えて、購入後の扱いは注意すべきでしょう。

関連する記事